投稿者: user

CoeFontを作成

CoeFontを作成

自分の声を録音して、まるで文字Fontのように扱える、CoeFontというものを作成しまし 

【GlassHeartTarotDeck】 yourself を考察

【GlassHeartTarotDeck】 yourself を考察

GlassHeartTarotDeck は14枚構成の人間関係の行動指針を占うカードです。 

【GlassHeartTarotDeck】 transfer を考察

【GlassHeartTarotDeck】 transfer を考察

GlassHeartTarotDeck は14枚構成の人間関係の行動指針を占うカードです。それ以外は見ることができません。

どんなカード?

transferの意味は、他の異性に進んでいったほうがよさそう。今好きな人とはあまりうまくいかないので一旦外を向いてみるのもあり。

パターン別解釈

友達の場合

今じゃない感が強いので、他に好きなことをして気を紛らわせておいた方が良い。

デートをしている関係の場合

お誘いしても、都合がつきづらい。また、こちらが充実している方が魅力を感じられやすいので忙しくしておくと良い。

カップルの場合

お相手と自分のタイミングが合いにくい。ぴったり合うタイミングが来たらお会いするとか、出かけるとか二人の都合に合わせて柔軟に過ごす。

気がなさそうな相手の場合

他の異性へ乗り換える。

日数については、お互いのやり取りにおいて、ベストな時期を見極める必要があります。頻繁なやりとりがない場合は、的中が下がっていきますのであまりこのカードを使うメリットはないかもしれません。音信不通の場合は使わない方がいいでしょう。

GlassHeartTarotDeckについて はこちらから

【GlassHeartTarotDeck】 consultant を考察

【GlassHeartTarotDeck】 consultant を考察

GlassHeartTarotDeck は14枚構成の人間関係の行動指針を占うカードです。 

【GlassHeartTarotDeck】 voice of heart を考察

【GlassHeartTarotDeck】 voice of heart を考察

GlassHeartTarotDeck は14枚構成の人間関係の行動指針を占うカードです。 

【GlassHeartTarotDeck】 long phone を考察

【GlassHeartTarotDeck】 long phone を考察

GlassHeartTarotDeck は14枚構成の人間関係の行動指針を占うカードです。それ以外は見ることができません。

どんなカード?

long phoneの意味は、音声で沢山会話する・色々な相談をする・2,3つ以上のカテゴリーを話す・ダラダラ話すということを指します。

パターン別解釈

やり取りがほぼ毎日〜2・3日に1回の場合

時間が取れるタイミングで、通話しようと提案してみる。1時間近く話せるようなトピックを用意しておく。

やり取りが月に1回〜3回の場合

メッセージで、ある程度話す内容を伝えておいてから、通話の提案をする。久しぶりの会話になるので、新規トピックも用意しておく。

やりとりが数ヶ月に1度程度の場合

やりとりが少ないので、急に電話してみる。トピックはいくつか用意し、折り返しされることも踏まえて準備万端にしておく。

日数については、お互いのやり取りにおいて、ベストな時期を見極める必要があります。頻繁なやりとりがない場合は、的中が下がっていきますのであまりこのカードを使うメリットはないかもしれません。音信不通の場合は使わない方がいいでしょう。

GlassHeartTarotDeckについて はこちらから

【GlassHeartTarotDeck】 short phone を考察

【GlassHeartTarotDeck】 short phone を考察

GlassHeartTarotDeck は14枚構成の人間関係の行動指針を占うカードです。 

【GlassHeartTarotDeck】 propose を考察

【GlassHeartTarotDeck】 propose を考察

GlassHeartTarotDeck は14枚構成の人間関係の行動指針を占うカードです。 

【GlassHeartTarotDeck】 skin ship を考察

【GlassHeartTarotDeck】 skin ship を考察

GlassHeartTarotDeck は14枚構成の人間関係の行動指針を占うカードです。それ以外は見ることができません。

どんなカード?

skin shipの意味は、対面で長く一緒に過ごそうということを指します。

パターン別解釈

友達の場合

長い時間一緒に楽しく過ごすプランなら、どのようなことでも良い。できれば2人きりで過ごせると良し。

デートをしている場合

あまり、昼間にサクッとというよりも夜お泊まりなどのじっくりデートプランが吉。個室でじっくり会話できたり、触れ合う等で関係が進展する模様。

カップルの場合

相手の家とか、自分の家とか落ち着いた空間でまったり過ごせると吉。外出も良いが、現地集合・現地解散にならないように。

日数については、お互いのやり取りにおいて、ベストな時期を見極める必要があります。頻繁なやりとりがない場合は、的中が下がっていきますのであまりこのカードを使うメリットはないかもしれません。音信不通の場合は使わない方がいいでしょう。

GlassHeartTarotDeckについて はこちらから

【GlassHeartTarotDeck】 cafe を考察

【GlassHeartTarotDeck】 cafe を考察

GlassHeartTarotDeck は14枚構成の人間関係の行動指針を占うカードです。