【GlassHeartTarotDeck】 long phone を考察

【GlassHeartTarotDeck】 long phone を考察

GlassHeartTarotDeck は14枚構成の人間関係の行動指針を占うカードです。それ以外は見ることができません。

どんなカード?

long phoneの意味は、音声で沢山会話する・色々な相談をする・2,3つ以上のカテゴリーを話す・ダラダラ話すということを指します。

パターン別解釈

やり取りがほぼ毎日〜2・3日に1回の場合

時間が取れるタイミングで、通話しようと提案してみる。1時間近く話せるようなトピックを用意しておく。

やり取りが月に1回〜3回の場合

メッセージで、ある程度話す内容を伝えておいてから、通話の提案をする。久しぶりの会話になるので、新規トピックも用意しておく。

やりとりが数ヶ月に1度程度の場合

やりとりが少ないので、急に電話してみる。トピックはいくつか用意し、折り返しされることも踏まえて準備万端にしておく。

日数については、お互いのやり取りにおいて、ベストな時期を見極める必要があります。頻繁なやりとりがない場合は、的中が下がっていきますのであまりこのカードを使うメリットはないかもしれません。音信不通の場合は使わない方がいいでしょう。

GlassHeartTarotDeckについて はこちらから