許せない人が現れたら

許せない人が現れたら

今回は、誰かを許せない時、イライラする人がいる時、嫌いなのにツイツイ気になってしまう人がいる時に読んで貰えるとスッキリするかもしれません。

youtubeでもUPしています。

GARDENのDECREASEみたいに…
あなたから何かを奪って行く人、脅威である人、色々と人間関係にはプラスと感じることばかりではありません。

私が、上記の様な時、実践していることがあります。

相手の嫌いなところを出す

そのお相手の・・

どこが嫌いですか?

どこがイライラしますか?

どこが気に入らないですか?

書き出してみます。

出来る限り、具体的に細かく書くことがなくなるまで出していきます。

これは例ですが

  • 私に対して高圧的なところが嫌い
  • 私を馬鹿にする言葉を言うところが嫌い
  • いつも比較してくるところが嫌い
  • スルーしたくても、離れると甘えて話しかけてくるところが嫌い
  • 謝らないところが嫌い

書けば書くほど、心の中の泥が書き出されて行く様な感覚です。

そして、書き終えたら、何でそう言った感情が出るのか?を書き出します。

何故そう思うのか?

これも例ですが

  • 高圧的なのは、この時のこう言った言葉使いからそう思えた
  • 馬鹿にする言葉は、この時のこの単語や態度からそう見えた
  • 比較するところは、仕事の話を聞いてきたり、収入の話で比較されそうになったのがそう思えた
  • スルーしたくても甘えてくるところは、私が離れようと決めたのにタイミング合わず相手は私と関わりたかったからそう思った
  • 謝らないのは、相手が悪気がないからそうなったのだろう

こんな感じで、感情とは切り離してどう言う現象が起きていたのか?わからないところはできる限り想像で客観性を持たせた仮説を立てます。

そして、出し終えたら、どうすれば気持ちが楽になるか?を書き出します。

どうすれば楽になるのか?

これも例です

  • 言葉使いに関しては、相手と普段から気楽に会話を取らなければ起きにくい
  • 馬鹿にする言葉は、常にこちらが低姿勢で隙を見せなければそう言った話題にはならない
  • 比較に関しては、仕事の話を出さない様にすれば良い。また相手に自慢と取られる内容は極力おもてに出さないこと。
  • スルーについては、甘えてこられてもそれはそれでひとまず受け止める。それ以上の感情を見せないこと。
  • 謝らないことは、距離を取っていればそのシチュエーションにならない

大抵ここまで書いているうちに、相手のことなど半分近くはどうでも良くなってきます。

ここまで書いているうちに、相手の見えなかった側面が見えることもあります。

ただ、それでも解せない部分は出てくることもあると思いますから、そう言った場合は、解せない部分を何度も書き出して繰り返し対策まで出していきます。

明確な対策が出ない場合は、放置しておきます。

ただ気に入らないだけ、ただ合わないだけ、こう言った場合もありますが、気に入らないのは何故か?合わないのは何故か?本来そこまで追及して答えを出せると楽になるでしょう。

全ての感情には答えがあるはずです。

  • なんとなくあの人は、私にこう思っているはずだ

こんな言葉が頭に響いてくることがあれば、何故そう思うのか?書き出します。

私を飽きっぽいやつだと思って馬鹿にしてると思うなら、相手の言葉のどこからそれを感じたのか?やりとりした記録があればその言葉のどこをそう感じたのか?嫌でもみて分析していくとあるワードにたどり着きます。単語1〜2個が多いです。

では、その単語はなぜ相手から出てきたのか?ここがポイントです。

貴方への印象はこう作られる

貴方を見て、相手は言葉を作ります。貴方の普段見せている内容、見せている言動から相手は貴方を想像し仮想の貴方を相手の頭の中に作り出します。

そこに向かって相手は話しているだけなのです。

所詮、貴方に言っているのではなく、仮想空間の貴方に話しているだけで、逆も然り、貴方も仮想空間の相手を作りそこにイライラしているだけなのです。

ただし、最初から、悩まずにこの仮想空間の相手だからと問題をぶん投げてしまうのは危険です。

相手の仮想空間の自分と、自分の仮想空間の相手の形があまりにも剥離しているのであれば、距離を取ったり、時間を置いて再度コミュニケーションにチャレンジしてみるのも良いでしょう。

占い動画をUPしています。お相手からの印象が気になった方は是非こちらで三択ですが気楽にご参加ください。あくまでも目安です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です