GlassHeartTarotDeck カード 恋札

カードの使い方

私の方法なので全部真似をしなくてもOKです。
必ず真似をしてほしい所は、赤字で[必須]と書いています。

恋札

恋札は相手の気持ちを見るだけの占いカードです。それ以外には使えません。
一対一の気持ちの動きを 見 ますので、一対複数というような事は見れません。
「誰の」気持ちをみるのか、「誰」に対する気持ちをみるのか決めてから占いましょう♪

・購入したカードをトランプのシャッフルをするように、混ぜます。天地がバラバラになる様に、混ぜてください。 [必須]

・1つにまとめてください。この時、縦にします。

・両手をカードの上に添えます。左手が下、右手が上。これはどちらでも構いません。

・占いたい相手を想像し、「AさんがBさんをどう思っているか教えてください」「Aさんが私をどう思っているかおしえてください」というように、質問を心の中で唱えます。声を出して唱えても構いません。 [必須]

・混ぜます。シャッフル方法は場にカードを置き、時計周りに動かします。

・縦に1つにまとめます。3つの山に横向きで分けます。好きな順番で、3つの山を1つにまとめます。横向きのまま。

・カードを左手に持ちます。※右側を上にしています。

・7枚目を左、更に7枚目を中央、更に7枚目を右に配置。1枚づつ最後尾へ回します。タロットカードなどのように、取った6枚を捨ててしまうと右に配置するカードを出す際、枚数的に足りなくなってしまいます。 [必須]

・3枚のカード配置は「左:顕在意識」「中央:立場」「右:潜在意識」となります。 [必須]

意味を見ながらリーディングをします。正位置と逆位置の解釈は違うので、そこも含めて占ってみてくださいね♪

一連の流れはこちらの動画でご確認ください♪

GlassHeartTarotDeck

GlassHeartTarotDeck(以下GHT)は、人間関係の行動指針を占うカードです。
恋愛だけに限らず、友人・同僚・仲間・家族等の関係において、どのような行動をするとより良い関係になれるのか?一対一の関係において見る事ができます。
例えば、会社の同僚達(複数名)に対してみる場合は、一度で見ずに、1人づつカードを引けば占う事ができます。
また、相手が自分へどのような行動を起こすか?予測することもできます。

・購入したカードをトランプのカードをシャッフルするように混ぜます。この時天地はバラバラにならなくても良いです。 [必須]

・カードの上に手を置きます。左手が下、右手が上です。

・占いたい内容を心の中で唱えます。「Aさんと良い関係になるにはどうしたらいいですか?」「Aさんは私にどのような行動をとりますか?」など。声を出して唱えても構いません。[必須]

・トランプを切る様にシャッフルします。私は、普段の鑑定ではヒンドゥーシャッフルをしています。手にもったまま縦の方向へ切るやり方です。

・3つの山に分けて、1つにまとめます。上から7枚目を場に出します。

・正位置しかないので、逆位置で出た場合でも、正位置の位置に配置します。 [必須]

・1枚引きが基本です。 意味を見ながらリーディングをします。

※複数枚も可能です。こちらは講座でお教えしています。